草加市PTA連合会子育てコラム1

《 子育てで一番大切なこと 》

年度初めの始業式で、子どもたちに話すこと、

「進級おめでとう。今年も最初に言うことは同じです。
私は、皆さんのことを絶対に嫌いになりません。
大好きになるので、よい
ことをすれば誉めるし、
悪いことをすればしかります。よろしくね。

子育てで一番大切なことは、信頼関係を築くことだと思います。

そして、自己価値観を育てることだと思います。(次回以降に詳しくお知らせします)

子どもたちは、ごく一部の子どもを除いて自分に自信をもっていません。叱られれば、自信を無くしますし、自分より優れている兄弟姉妹がいれば、劣等感をもちます。

子どもは、間違えや失敗を繰り返すのがあたりまえで(私など60歳超えても間違えや失敗をしてしまいます)、叱られたときに言い訳をする子ども、嘘をつく子ども(3歳から上手に嘘がつけるようになります。自分を守る為に)、必要以上に落ち込む子どもがほとんどです。

でも、信頼関係ができていれば、子どもたちは、安心して生活し、嘘をつかず、着実に成長していけるのです。

私は、子どもたちと信頼関係を築くため、「私は、絶対に皆さんを嫌いになりません。」という短い言葉で思いを伝えました。
これを読んでくださっている皆さん、信頼関係が築かれているか、一度子どもたちに確認してみてください。そして、ご自分の言葉で、大切な存在であることを伝えてください。

 


草加市PTA連合会新旧理事会と定期総会で、皆さんに伝えたい事がたくさんあるので、子育てコラムを書きます。と宣言したにも関わらず、第1号をお届けするのが遅くなってしまい申し訳ありません。

一番に伝えたい事は、子どもたち一人ひとりを大切にしてほしい。子どもたちは、できなくてあたりまえですし、時には悪い事をしてしまう存在だということ。
でも、子どもたちが悪いのではなく、すべて大人の責任だということ。どんなことがあっても絶対に嫌いにならないでほしい。ということを伝えたかったのですが、理事の皆さんは、素晴らしい方ばかりなので、皆さんの心に届くように何度も何度も書き直して、今日になってしまいました。

これ以上遅くなってしまうと信頼を損なうと思い満足な文章ではないのですが、お届けすることにしました。これからは、最低でも月2回は届けたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

寺島 高志