令和元年12月5日(木)喜作にて北東部連絡協議会が行われました

市P連の各種関係機関出向委員では、学校保健会すこやか編集委員より、公民館や医療機関に置かれている冊子の掲載内容について、テーマ【子ども食堂レポート】作成についてお話しがありました。テーマについて、市P連の理事会の中で市P連鈴木会長から『夏休み明けにあきらかに痩せて登校してくる児童がいる。長期休暇中の食事が心配』と自校の校長先生から相談があったとの話があり、【子ども食堂レポート】へと話が進んだことや、取材にあたり、川柳中学校の佐藤会長のご紹介により、越谷市間久里住宅集会所〔まくりの家〕で行われている〔子ども食堂〕を見学させていただき、運営団体であるNPO法人地域こども包括支援センターの事務局長〔深江崇司さん〕からお話しを伺いレポート作成と至った経緯を報告してくださいました。

ブロック長である稲荷小学校の谷田部副会長の司会進行によりスムーズに進み、忘年会も同時開催し、その中で、各学校より連絡・報告が行われ、令和元年の終わりに相応しく終始和やかな会でありました。

 

20191206_192347 (2)