令和元年12月7日・8日「第14回全国学校給食甲子園®決勝大会(東京・女子栄養大学駒込キャンパス)」が開催され、西町小学校から栄養教諭の今井先生と調理士班長の小林さんが出場し、見事、「優秀賞」を受賞しました。

「全国学校給食甲子園®」とは、食育を啓発しながら地産地消の奨励を目的とした学校給食の全国大会です。14回目となる今大会は、全国から1447校(施設)の応募があり、1次から4次審査を通過した12校(施設)が決勝大会に出場、食育授業・調理を競い合いました。
選考基準は「献立は、学校給食として提供したことがあるもの」「地場産物を使用し、その特色を活かした献立」「60分以内で6人分を調理、後片付けをする」など11項あります。
西町小学校がエントリーした献立は、えびとのらぼう菜のごはん・青なすと豚肉の甘辛だれ・草加彩野菜ゆず風味・えだまめミルクプリン・みそ汁・牛乳です。草加の特産の一つに小松菜がありますが、他県でも生産量が多いことからあえて食材に使用せず、地域の農家と協力して「のらぼう菜」「埼玉青なす」など珍しい地場産野菜を使用した献立が考案されました。
決勝大会出場にあたり、校内には応援コーナーが設けられ、児童・先生・保護者から100通以上の応援メッセージが寄せられました。応援と期待を背負い挑んだ決勝大会。国内外の取材陣が取り囲み、各校(施設)の応援団が見守る中での調理でした。しかし、いつもと違う緊張感とプレッシャーを跳ね除け、西町小学校は「優秀賞」を受賞しました。
受賞後、今井先生は「私の作っている給食が全国的に認められたと感じてうれしかったです」「もっともっとおいしい給食を作っていきたいです。」と語っていました。その言葉から、受賞への喜びとともに、給食への熱い想いが伝わってきました。
今回の「全国給食甲子園®」の出場は、西町小学校だけでなく草加市の学校給食や地場産野菜への関心を高めるきっかけとなりました。今後、西町小学校におけるさらなる食育の充実が期待されます。

寄せられた応援メッセージ

寄せられた応援メッセージ

エントリーした献立

エントリーした献立

仲間と受賞を喜ぶ今井先生(前列1番右)と小林さん(前列右から2番目)

仲間と受賞を喜ぶ今井先生(前列1番右)と小林さん(前列右から2番目)