市P連ってなあに?

市P連ってどんな団体なの?

草加市PTA連合会は、草加市内の小学校21校と中学校10校、計31校のPTAで組織されている団体です。

市P連って何のためにあるの?

各小中学校PTA間の連携と親睦を図りながら、PTA会員さんの指導力の向上などを目指しています。
また、子どもたちの健全育成のために、教育関係機関及び関係団体と連携しながら、現在の問題点を見いだし、 その解決を目指しています。さらに、教育関係機関と連携することにより草加市の教育の進展に貢献したいと思っています。

市P連ってどんな活動をしているの?

各校PTA役員さんの指針・参考となるように、「会長研修会」「地域間研修」「研究大会」「広報紙作り研修会」などの各種研修会を企画・開催しています。また、PTA会員さんのために生涯学習の観点に立った研修会・講演会などの推奨案内を行なっています。

子どもたちの安心・安全、または健全育成のために各校PTAから種々の要望を提出していただき、それらを取りまとめて草加市長に直接提出、改善を要求しています。
さらに、「こどもひなんじょ」や「防犯パトロール」のプレート作成・配布を行なっています。

市P連本部役員は誰がやっているの?

現状は、草加市を5ブロック(南部・中部・松原・新田西部・北東部)に分け、毎年各ブロックから2名ずつ出向しています。

どうやってメンバーを決めているの?

各ブロックごとに決め方は違います。ブロック内で学校輪番制にしているブロックもありますし、その年度ごとに出向する学校を決めているブロックもあります。 出向メンバーは各校PTA会長や副会長が多いですが、必ずしもPTA本部役員でなくても大丈夫です。

市P連本部役員の任期は何年?

1年です。もちろん再任もOK!です。

理事はどんな人?

各校PTA正・副会長と学校長です。本部会で協議したことを理事会で審議・協議して承認を得たことを市P連の活動として実行しています。

ページトップへ

Copyright(c) 2016 市P連 All Rights Reserved.